無料で試用する

ESFESFデータベース移行ツールキット (バージョン:9.2.29,リリース:2018-12-08)は最も人気のあるツールキットには、さまざまなデータベース形式間でデータを移行するための人に役立ちます、 ようOracle, MySQL, MariaDB, SQL Server, PostgreSQL, IBM DB2, IBM Informix, InterSystems Caché, Teradata, Visual Foxpro, SQLite, FireBird, InterBase, Microsoft Access, Microsoft Excel, Paradox, Lotus, dBase, CSV/Text、および含む 。

 Win 32-bit    Win 64-bit
 esf_dbcv_pro_win32.msi (41.87 MB)    esf_dbcv_pro_x64.msi (46.05 MB)
 esf_dbcv_pro_win32.zip (40.51 MB)    esf_dbcv_pro_x64.zip (44.69 MB)

Microsoft®Windows®のための2003/XP以上。
このソフトウェアをダウンロードすると、エンドユーザー使用許諾契約

テーブル構造   構造編集
データ   エンコーディング変換
主キー   レコードフィルタ
インデックス   データのプレビュー
外部キー   移行ジョブを保存する
自動インクリメント/シリアル   移行ジョブをロードする
デフォルト値   コマンドライン
コメント      
ビュー テーブルへ      
プロシージャ/ファンクション      
トリガー      

提言:

  • アプリケーションをアンインストールする方法については、こちらをクリックしてください。
  • MySQL、PostgreSQL、FireBird ランタイムライブラリをインストールしていただいて、このツールをインストールした後、直接にこれらのデータベース形式から変更できる。
  • IBM DB2からあるいはIBM DB2に変更するために、IBM DB2 ODBC CLI driverをインストールすることは必要です。
  • Visual Foxpro からあるいはVisual Foxproに変更するために、OLE DB Provider for Visual FoxProをインストールすることは必要です。
  • 古いWindows OSバージョンを使用しているなら、Access、Excel、Paradox、Lotus、dBaseを支えるために、MDAC 2.8 をインストールすることは必要です。
  • MS-Access 2007-2013(*.accdb)/MS-Excel 2007-2013(*.xlsx;*.xlsb)からあるいはこれらに変更するために、Microsoft Access Database Engine必要です。